お知らせ

秒速決算に関するお知らせを随時更新中

羅針盤は「数字」: 中小企業の事業伸長に直結する予実管理のポイント

現代の日本経済は、かつての安定した時代とは異なり、毎日が新たな変化や挑戦に満ち溢れています。高度成長期を経て、現在、多様な課題のもとでビジネスを進める時代に突入しています。こうした時代に中小企業が生き残りをかけ、難局を乗り切り、飛躍を遂げるかは、「経営の効率化」と「高度な意思決定」がポイントになります。

中小企業の経営者たちが日々直面する問題は多岐にわたります。市場のニーズの変化、競合との競争、人材の確保と育成、技術革新の進展と、これらの問題を解決するためには、事実に基づいた迅速な意思決定が不可欠です。そしてその根幹を支えるのが、正確な経営に関するデータです。売上、利益、費用、これらの数字は企業の健全性を示すバロメーターであり、その動向をしっかりとキャッチすることで、先を見越した戦略を練ることができます。

中小企業の経営において、経営に関する数値を正しく把握すためのポイントになるのは「予実管理」です。これは、予算(計画)と実績との差異を常にチェックし、その差異に応じて経営判断を下す手法です。例えば、ある月の売上が予算を下回った場合、その原因を速やかに特定し、次の月の計画を修正する。また、利益が予算を上回った場合、その余剰資金の有効な活用方法を検討する。このように、予実管理は経営の指針となるコンパスの役割を果たします。

中小企業が生き残るためには、経営リソースの有限性をしっかりと認識し、それを最も効果的に使う方法を見つけ出す必要があります。予実管理はそのための強力なツールであり、この手法を取り入れることで、企業は変化する環境の中で一歩も二歩も先を行くことができるのです。

本コラムでは、中小企業の経営者、事業責任者、営業部長などの経営幹部の皆さんにとって参考になるよう、「 中小企業の事業伸長に直結する予実管理のポイント」について詳しく解説をしていきます。

業種を超えて役立つ!中小企業成長のエンジン「予実管理」

多くのビジネス書や講演で、最新の経営手法や革新的なアイディアが取り上げられる中、その基盤にあるのが「数字」の管理です。そして、この中でも特に「予実管理」は、中小企業の未来を切り拓く鍵として注目されています。予実管理が中小企業の経営にどのような変革をもたらすためには、予実管理が単に「数字の追跡」で終わらないことです。予実管理を行うことで、和菓子店やアパレルブランド、カフェ、ITスタートアップなど業種や業態を問わず、「即時の意思決定」と「戦略的なアプローチ」を可能にします。

さらに、この予実管理が生み出す「透明性」は、企業の信頼性を高める要因となります。例えば、予実管理のデータを公開することで、外部からの評価や信頼を得られるようになった。これは、今の時代、企業の情報開示が求められる中、非常に重要なポイントと言えるでしょう。また、この「数字」に基づく経営は、組織全体の認識を統一する効果も持ちます。「一定の目標に向かって、組織全体が同じ方向を見る」その結果、組織の効率や生産性は大きく向上することが出来ます。

予実管理は、その名の通り「予測」と「実績」を絶えず対比し、分析する経営の手法ですが、ここでは、具体的な事例を通して予実管理をすることによってもたらされるインパクトについてご説明します。

1.舵取りの確実性:和菓子店の目標達成への道

関東地方にある老舗の和菓子店は、昨年、新たな売上目標を設定しました。だが、年の半ばを過ぎても、目標のわずか半分しか達成できていないことが予実管理の手法により判明。店主は、これを機に広告や宣伝方法を一新。その結果、年末には設定していた目標の驚異の95%を達成することができました。

2.変動の察知:アパレルブランドの即時の修正

大都市を中心に展開するアパレルブランドは、新商品の発売を盛大に行いました。しかし、発売から一月での予測との大きな乖離を「予実管理」により発見。これにより、速やかに販売戦略を見直し、結果として計画以上の利益を実現することができました。

3.意思決定のデータ基盤:カフェのメニュー選び

全国展開しているカフェチェーンは、これまで新メニューの選定はシェフの感覚や経験に頼っていました。しかし、予実管理の導入により、客の評価や既存メニューの売上データをベースに選定する方法へと変わりました。その結果、新しいメニューのヒット率が驚異の50%アップしました。

4.透明性の力:ITスタートアップの信頼構築

若手エンジニアが立ち上げたITスタートアップは、創業当初から予実管理のデータを社内外に公開。この透明性が評価され、外部からの資金調達はもちろん、社員のモチベーションも大きく向上しました。

中小企業と予実管理のステップ

成功への道は急がば回れと言いますが、予実管理の導入も即効性を求めるものではありません。焦らず、日々運用するために、現場の負荷を最小限に抑えること、経営幹部が現場から上がってきた数字をもとに、日常的にどのように活用するのかなど、予実管理が正しく運用される体制をしっかり構築することで、多くの中小企業が困難な局面を乗り越え、次なるステップへと進んでいます。

【成果に結びつける予実管理運用3つのステップ】

1.明確な目標設定  :事業の方向性を示す数字として、具体的な売上や利益目標を定める。

2.定期的なモニタリング :リアルタイムでの進捗確認は必須です、特に週次や月次のチェックを欠かさず行うことが必要です。

3.課題発見とその改善策 :目標との乖離を元に問題点を明確にし、それに応じた改善策を速やかに策定して実行に移します。

現代のビジネス界において、「数字」は、経営者やステークホルダーにとっての羅針盤となっています。その中でも、「予実管理」は、経営リソースが大手企業と比較して潤沢は言えない中小企業の経営おいて非常に大きな役割を果たしています。

「予実管理」は、どの企業も取り組んでいて当たり前であると思われがちですが、経営の羅針盤として、正しく運用されているケースばかりではなく、「予実管理」を行っていない企業もあります。しかしながら、予実管理を正しく行うことで、中小企業の経営は劇的な変化を遂げ、事業計画達成の確率を引き上げることが可能になります。

予実管理は、中小企業の経営における「羅針盤」とも称されるべき存在です。

数字だけに固執するのではなく、その数字を活かして経営戦略を考え、それを実行に移す。その一連の流れをスムーズにするのが、予実管理の真髄と言えるでしょう。

日々の経営の中で直面する数多くの問題や課題。その中で、経営者やステークホルダーが迷わず正しい方向を示すための「羅針盤」として、予実管理はその力を発揮しています。

予実管理は経営の道具の一つであると同時に、企業の文化や哲学をも形成する要素です。「日々の業務において数字と向き合い、それを基に前に進む姿勢」それが中小企業の持続的な成長を支える土台になります。

未来を見据えた経営を目指す全ての中小企業の経営者、事業責任者、営業部長などの経営幹部の皆さんに、正しく予実管理を導入していただき、真の成長のエンジンとして頂きたいと思います。

月額5,000円から利用可能な予実管理ツール「秒速決算」

経営者の描く「 ワクワクする未来 」の実現に不可欠なタイムリーな経営数値把握。会社の「発展的な未来」を実現するためには、適切な計画設定のみならず、現状の経営数値をタイムリーに把握する体制が重要です。

計画と現状の差をタイムリーに把握することでこそ、計画達成に向けたスピーディな行動変更が可能となるからです。そのため例外なく、「最⼩⼯数でタイムリーに経営数値を把握できる体制の構築」が、経営者の描く「ワクワクする未来」の実現の肝となるのです。

秒速決算は、「あらあら・ざっくりでもいいから営業利益の速報値をリアルタイムで、できれば部門ごとにも分かるように把握したい」という経営者の要望に応える予実管理ツールです。

予算実績の管理・目標利益の達成に向けて
お悩みならお気軽に当社まで
ご相談・ご連絡ください

page top